12/1にチームコドモのメンバーとともに、東京都立産業貿易センター 浜松町館で開催されていた「保育博」に行ってきました。

昨年から気になって、ブックマークしていたイベントだったのですが
前回は開催された時期があまり外出しないほうが良さそうなタイミングだったので見送り、今回はじめて会場に足を運びました。

保育・教育ビジネス&サービスに関するすべての人・モノ・コトに出会える2日間。ということで。
保育関連のイラストのお仕事はもう10年以上やらせていただいていますが、仕事をしていてもいろんな変化を日々感じるので、保育のお仕事に携わっている方に現状のお話などを聴けたらいいなと思っていろんなブースを回りました。

保育博

いただいたパンフレットの一部です。

すでにお取引させていただいている出版社さんなどをはじめとして、たくさんの方と名刺交換させていただきました。ありがとうございます。

教育に関するブースや、保育園の内装やインテリア、ICT、財務、保育士さんの採用に関するサービス、遊具、給食、ホームページ作成など、本当に色々なジャンルの企業さんが出展されていました。

いろいろな企業さんにお話を伺って感じたこととしては、保育に直接関わらないデジタルで処理できる部分はデジタルで効率化して、保育士さんやお家の方の負担を減らし、空いた時間で子どもと向き合う仕事の部分は手厚くという感じのサービスが多いのかなと思いました。

自分の仕事でも、経理や名刺管理などはすっかりデジタル化していますが、絵を描くという部分は前よりもアナログよりなタッチや暖かみのある表現を求められたりするので通じるものがあるなと感じました。

教育や遊びの分野は子どもが5感を使って楽しめるものが多くて、見ていて楽しかったです。
あと、英語教育やロボットなど、小学校に向けて楽しみながら取り組める学習サービスもありました。

園のホームページを作るときにドローンで撮影をするという会社さんもいて、時代を感じました(子どもたちは大喜びするということでしたが、私も見たら大喜びしてしまいそうです)

次回は大阪で開催されるそうです。

保育博のサイトはこちら



チームコドモ